未分類

プチファスティング

投稿日:

断食というと、

読んで文字通り、食を断つことになる。

なんだか大変そう。

 

だけど、

ファスティングなら、もっと緩いイメージで取り組めそう。

 

ボクの場合、次の3原則。

 

一日一食。(もしくは、一日、1.5食)

水分を十分取る。

食間は12時間空ける。

(胃を空っぽにする半日断食を毎日)

 

毎日半日断食という優れもの。

(胃にも休息を)

 

これだけで、

この一か月で3キロ減。

全く無理していない。

がんばったわけでもない。

チョッとだけ意識していただけ。

 

もちろん、栄養バランスに気を配る。

そのほか、

ユックリ時間をかける(30分から1時間)、

よく噛んで味わいながら食べる(20回)、

好き嫌いしない、

空腹を覚えたら、食べる、(時間で食べない)

(空腹の時が一番おいしい。
満たされない時が一番おいしく感じる)

腹6~7分、(腹いっぱいは食べない)

間食をしない、(バナナ一本とかは、あり)

ファーストフード、スナック菓子は極力とらない。

※ ビール(350㎖を1~2本)またはワイン(グラス2~3杯)は飲む。

(酒は百薬の長)

 

いきなりはきついので、

少しずつ慣れさせていくと

習慣化する。

つまり、

一日一食で十分栄養、体力は維持できる。

 

これに加えて、

日ごろのトレーニングも並行して行う。

ボクの場合、

筋トレ、ヨガ、瞑想を日常的に行っている。

(毎日5~10分でも十分)

これらも、自宅で自分でやっているから

お金は一切かからない。

 

食費も節約できる。

胃も小さくなり、

腹もへこむ。

 

それには、意識して、常日ごろの鍛錬が肝心だ。

 

【追記】

何か没頭できるものを持つと、

いわゆる寝食を忘れることに役に立つ。

 

ボクの場合、

朝起きると、用を足し、

顔を洗い、口を漱(すす)ぎ、コップ一杯~二杯の水を飲む。

そして、祈りをささげ、瞑想をする。

 

その後、PCに向かい書き物や調べ物をする。

書きながら、分からないこと、疑問に思うことが出てくると、

すぐに調べる(ググる)。

これを繰り返しているうちにすぐにお昼前後になってしまう。

 

もちろん、空腹を覚えることもある。

だが、食べる時間が惜しいし、

没頭すると空腹さえも忘れる。

(それでも空腹を感じたら水を飲む)

※ コーヒーや紅茶でも良い。

(利尿作用を促してくれる)

 

こうして、いつしか習慣化されていく。

 

ボクの実生活は、

質素、シンプル、ストイックである。

 

 

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry

フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji

フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji

フォローはお気軽にどうぞ

 

 

-未分類

Copyright© かじえいせいオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.