未分類

瞑想道

投稿日:

武道はすべて道なり。

英語では、

martial artというように、アート(芸術)なのだ。

柔道、剣道、合気道、空手道、

それに、茶道、華道も道を究めることにある。

禅道というものもあり、

禅の修行を意味する。

禅そのものが、宗教ではなく、修行といわれる所以である。

ならば

「瞑想道」なるものもあって然るべきだろう。

その意味からすれば、

瞑想もまた、修行であると言える。

道は路であり、未知を知り、満ちに至る。

そして、道(どう)は動きを伴い、波動を起こし、感動を呼び起こす。

それを人に施すとき、

共振(震)で始まり、共感、共鳴、共有、共同、共進となり、感動で終わる。

その道を極めるために瞑想をする。

瞑想道とは、

癒しに至る道であり、

人としての道(人道)につながる。

癒しとは、

思いやりと言い換えてもいいだろう。

人の痛みが分かり、

人の苦しみに寄り添うこと。

それは、労りであり、優しとして現れる。

そして、

人の喜びを自らの喜びとし、

人の幸せを心から祝福することができるとき、

人としての道へと導かれる。

人はすべからく幸せになるために生きている。

そして、それゆえに道を誤ることがある。

自らの幸せを求めるあまり、

人を傷つけ、不幸にする。

それでは本末転倒である。

人の道としてのの王道は、

You firstの精神にある。

欲しければ与えなさい。

愛されたければ愛しなさい。

儲けたければ儲けさせなさい。

喜びたければ、喜ばせなさい、

幸せになりたければ、幸せにさせなさい。

そして、

人の望みを叶えることが人望となる。

まだまだ修行中の身。

瞑想道に則り、

雨の日曜日、

今日も瞑想に耽る。

 

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji

インスタ   http://instagram.com/asaykaji

 

-未分類

Copyright© かじえいせいオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.