未分類

だから生き抜いて!

投稿日:

晴香ちゃんへ

FBのお友達になって

あなたが難病だということを知りました。

そして、

歯磨きがなかなか合わないという投稿を見て、

プロポリス入りの歯磨きを送りました。

去年のあなたの29回目の誕生日プレゼントでしたね。

それからあなたがボクに逢いたいというので、

ボクは逢いに行きますと約束をしました。

それから約2か月後、

あなたの住む大阪へと向かいました。

あれは、年が明けて、

日本列島に寒波が吹き荒れている極寒の最中でしたね。

それにもかかわらず、

あなたは、ボンベを積んだ車椅子で、

膝に湯たんぽを抱えて待ち合わせ場所に来てくれました。

普段、外出もままならないあなたが、

お母さんと一緒に。

待ち合わせの改札口で、

お母さんから、「お願いします」と車椅子を渡された時、

正直ボクはちょっと戸惑いました。

「エッ、ボクで大丈夫なのかな」と。

でも、あなたの嬉しそうな笑顔を見て安心しました。

そして、一緒に食事をしましたね。


1月、大阪にて

あなたは、

沢山おしゃべりしてくれました。

そして、ボクはあなたの難病について初めて知りました。

日本にたった一人、

世界でも8人しか同じ病気の人がいないだなんて。

しかも、日本には、その専門の医師がいない、

イギリスにしかいないことも。

そして、

飛行機に乗れないあなたは、

そのイギリスに行くことができないと。

あなたは何度も何度も生命の危機に立たされ、

それを乗り越え頑張って生きている。

そのあなたの生命力にボクは感激しました。

そして、ボクはあなたから、

生きる力と勇気をもらいました。

あなたには夢がある。

大学を出て医者になる夢。

あなたは頑張り屋さんです。

その姿勢にも感銘しました。

でも、時々弱気になるあなたも知っています。

その行き場のないやるせなさをぶつけていることも。

そして、

毎日毎日、見守り続けてくれているご両親や弟さんに、

申し訳ないという気持ちでいることも。

あなたは言う。

「こんな非生産的な人間が生きてていいんでしょうか」って。

ボクは思う。

「どこが非生産的なんですか」

あなたには、あなたに課せられた役割があり、

しっかりとそれをこなしている。

だって、

あなたの役割は、

しっかりと生きることなんだから。

それによって、

生きる勇気を与えてくれているんです。

それだけで、十分生産性があります。

お母さんもおっしゃっていますね。

「晴香がいるからがんばれるの!」って。

そうなんですよ。

だから、

あなたは生きなきゃダメなんです。

ボクにもいくつか夢があります。

あなたを旅に連れ出すこと。

車椅子を新調してあげたいこと。

それから、

イギリスから専門の先生を呼び寄せること。

かなりのお金がかかります。

だから、募金活動をしようかと思っています。

それに、

旅に連れ出すにもまだまだ壁があります。

あなたにあった後、

車椅子の押し方や、

緊急救命措置の仕方などの講習を受けました。

そして、その後、

車椅子の方のお世話をして、日帰りの旅をしました。

近い将来、

あなたの車椅子を押して旅ができるように。

 

-未分類

Copyright© かじえいせいオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.