未分類

喜びも悲しみも

投稿日:

一喜一憂

朗報、悲報、日々こもごも。

良いことも悪いことも毎日いろいろありますね。

だけど、

それにいちいち振り回されていてはいけません。

ややもすると、

FBなどSNSのタイムラインで

人のリア充を羨(うらや)んだり、

人のネガティブな言葉に、つい引っ張り込まれてしまいそうになります。

大事なのはあくまでも自分自身ですから。

それも、心の持ち方一つ。

地に足を付けて、

周囲からの影響をできるだけ少なくして

しっかりとした人生のシナリオを形成しましょう。

――――――――――――――――――――――――――――――

同じ日に、

悲しい惜別と、嬉しい出愛がありました。

どんなに出愛が大きくても

悲しさの前にはひとたまりもありません。

小さな悲しみも、

大きな喜びを飲み込んでしまいます。

それでも時にはその悲しみを隠して

喜びに浸らなければならない時がある。

そうすることで、かろうじて立ち直ることができるかもしれないのだから。

悲嘆をいつまでも引きずっているわけにはいかない。

歓喜は長く続くほうが良いに決まっている。

だが、現実は皮肉なもので、

悲嘆をいつまでも忘れることができなく、

トラウマなって忘れたころにまたひょっこり顔を出す。

歓喜はその瞬間に藻屑と消える。

「喜びは一瞬、

悲しみは永遠」

なのです。

泣き続けることはできても、

笑い続けることは難しい。

あまり笑うと涙が出るのは何故だろう。

「笑い死ぬ」という言葉はあっても、

「泣き死ぬ」とは言わない。

それでも我々は

死ぬまで生き続けなければならない。

笑うときは誰かが側にいるが、

泣く時はいつも独り。

男は豪快に笑い、

静かに涙を流す。

女は男の笑顔に魅かれ、

男は、女の一筋の涙に弱い。

男の涙は女々しく、

女の涙は武器になる。

できれば

笑う方が多い人生にしたい。

例え一瞬の光であろうと

その輝きを求めて。

――――――――――――――――――――――――――――

【Asay-go-Rock (出逢いと別れ編】

出逢いがあるから別れがある。

我々は別れるために出逢うのだ。

出逢いの数と別れの数は同じ。

出逢いは喜びを生み、

別れは悲しみに通じる。

時には、怒りや憎しみさえ産むことがある。

「出逢わなければよかった」というセリフは通用しない。

それは運命なのだから。

出逢いは縁、

別れは宿命。

フェイスブック http://www.facebook.com/dreamincountry
フォローはお気軽にどうぞ

ツイッター   http://twitter.com/asaykaji
フォローはお気軽にどうぞ

インスタ   http://instagram.com/asaykaji
フォローはお気軽にどうぞ

-未分類

Copyright© かじえいせいオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.