未分類

余生ではなく、本生

投稿日:

自遊にカンパイ!

眼医者に行った。

半年ぶりだ。

目薬をもらいに。

1年ぶりに視力を測った。

1,2から0,9に落ちていた。

乱視ですねと眼医者は言った。

このところの執筆でずっとPCとにらめっこしているからだろう。

(二日前にブルーベリーをあれほど食べたのに)

目と歯は定期的なメンテを欠かさない。

お陰で老眼もほとんどない。

よほど小さい字でない限り、

今でもメガネ無しで読める。

ところで、目の先生の手がタバコ臭い。

瞼を触るとき、掌がボクの鼻の前に来るから強烈に臭うのだ。

手は洗っているはずなのに、あれだけ臭いというのは、

かなりのヘビースモーカーに違いない。

仕事がらストレスが半端ないのだろう。

お気の毒としか言いようがない。

先生と呼ばれる医者や弁護士は憧れの職業かもしれないが、

あれだけ時間とお金をかけて取得した資格でも

昨今は、競争が熾烈でさほど儲かるものでもないらしい。

それより、拘束時間とストレスを考えると

ストレスフリーでのほほんと自遊勝手に生きている自分を誉めてやりたい気になる。


今日も森で瞑想をする筆者

―――――――――――――――――――――――――

人生100年時代。

人生は60からが勝負なんですよ。

それはもはや余生ではなく、

そこからが「本生」。

それまではあくまで助走期間。

60までが、「予生」なんです。

それに頑張り過ぎていざ本生になって息切れしちゃう。

人生のホームストレッチにこそ、

最もエネルギーを残しておかなきゃ。

「自遊」にカンパイ🍻!!

(人生、完敗にならないように)

-未分類

Copyright© かじえいせいオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.