未分類

ビーチ瞑想

投稿日:

沖縄といえば、海。

海といえば、

海鮮丼!

いえいえ、

海で瞑想です。

日がな一日、汐風を受けながら海辺で過ごすのは

特にボクにとっては、非日常的でとても新鮮なことです。

(普段は山暮らしなので)

波打ち際に座り、

打ち寄せる波に合わせて息を吸う。

引く波に合わせて息を吐く。

それを幾度となく繰り返す。

時が過ぎるのも忘れて。

身体の60%は水でできている。

海の波動が体内で共鳴し、

心身を揺らし、心地良い。

いつしか、海と一体になっている自分に気付く。

それは大海原に抱かれたエクスタシーにも似た感覚だ。

あるいは、

母の胎内の羊水の中にいる

懐かしいような不思議な気分にさせてくれる。

(インナーチャイルドが蘇る)

人間を含め、あらゆる生き物は海から生まれたと言われる。

汗が塩辛いのも,

血液が塩辛いのも,

元は海の水だから。

涙までもが汐の香りがするという。

身体を流れている体液や血液などは,

海の水を体内に蓄えたものだから。

打ち寄せる波は同じでも、

一つとして同じ形はない。

そしてそれは連綿と続く。

それは人それぞれの人生模様のよう。

母なる海。

父なる大地に抱かれて

私たちはこの世に生かされている。

水平線の向うには未知なる世界があり、

宇宙が横たわる。

生かされている喜びと感謝の気持ちが高揚して、

いつしか涙が頬を伝う。

-未分類

Copyright© かじえいせいオフィシャルサイト , 2018 All Rights Reserved.